なるべく状態の良い中古のバスを買うにはコツが必要

中古バス売買

状態の良い中古のバスを購入するコツ

男性

そのバスがワンオーナーであったか

ワンオーナーとは、以前そのバスを所有していた人が一人であったということです。複数オーナー経由の場合はそれだけ年数が経過していたり、どこかしら劣化している可能性が高くなります。ワンオーナーであればそういった心配が減りますね。こういった理由を踏まえ、購入前には業者にワンオーナーであったかどうか必ず聞いてみましょう。ちなみに簡単な確認方法ですが、登録年月と初年度登録年月が同じならワンオーナーです。

そのバスが以前どこで使われていたのか確認

以前そのバスがどこで使用されていたか知ることは、中古のバスを購入する上でとても大切な指標になります。中古のバスは元々観光地で使われていたというケースが多いですが、海辺や温泉地を走っていた場合は、塩や硫黄による劣化が進んでいる場合がありますので、出来れば避けたほうが良いです。

レンタカーとして使われていたものは止めよう

マイクロバスなどの購入に際しては、以前レンタカーで使用されていたかどうか必ず聞いてみましょう。レンタカーはほぼ毎日長距離を走っていた可能性が高いので、その分内部などに劣化が進んでいることがあります。使用頻度が高いものは、購入後の故障の可能性も出てきますので注意が必要です。

自社で修理できる業者から買う

自社で修理や修繕が可能であれば、バスの購入後のメンテナンスなどのアフターサービスが受けやすいです。バスの維持のための相談などにも的確に答えてくれるなど、アドバンテージがたくさんあります。

仕入先を幅広く持っているか

自分がほしいと思っているタイプは、すぐに販売可能なものがないということも考えられます。そんな時のため、にいろいろ種類の大型車を扱っており、仕入先ルートをたくさん持っている業者を選んだほうが、自分の希望するタイプのバスがより良い状態で手に入るでしょう。

中古のバス選びは業者選びで決まる

中古のバス購入は、特に安全面などを考慮し、信頼できる業者に相談しましょう。

広告募集中